FC2ブログ

雑貨デリPLUS 思うがままにヤってみた

楽天の雇われ店長を経て自分のショップをオープン♪ちょい歴女ぎみなにしむらが 気の向くまま、思うままにヤってみた事柄をつれづれに残してまいります!

17個目  


なにげに

日本100名城のスタンプ集めてます。


この3連休の最終日には17個目となる

『 小谷城跡 』に行って参りました!(^-^ゝ


先に 小谷城戦国歴史資料館 を訪れ

ガイドのおじいさんよりとても熱い説明を受けました♪

そう多くない展示物より内容が濃い(= ̄∇ ̄=)

そして最後に城攻めのルートを確認すると

この近くより往時のメイン通りに当たる追手道から行けるとのコト。

少し離れた場所より『 番所跡 』までバスが出ているそうですが

バスで7分程度、徒歩で20分程度と聞いたので

徒歩の追手道ルートを選択。


コレが間違いだった_ORZ


20180924-1.jpg
登り始め 明るいところに獣避けの扉があり、ソコから突入。


最初のうちこそ

見たこともない青や黄色、赤いキノコに反応する余裕があったものの

途中から口数も減る。

女3人で登るが徐々ににしむら遅れていく。

9月も終わりだというのに滝のように汗が出る。。。

休憩を挟みながら何とか『 番所跡 』に到着。


20180924-2.jpg


30分はかかったと思う。

小谷城跡に行かれる際は

『 番所跡 』までバスもしくは車のご利用をオススメします!


ココでお昼休憩を取り散策開始!


小谷城は浅井家のお城。

信長さんの妹、お市さんが浅井の長政さんに嫁ぎ

茶々・初・江の生まれたトコロとなります。

その長政さんと義理の兄となる信長さんが戦となり落城となってしまいました。

落城とは言えお城の損害は少なく、後に秀吉さんが入城します。

が、秀吉さんは近くの長浜にお城を構えるに当たり

この攻めにくい小谷城をそのまま残すわけにも行かず

お城をぶっ壊し、資材を長浜城に流用。

そのため・・・・・


なぁ~~~んにもありません!


20180924-3.jpg
黒金門跡
20180924-4.jpg
山王丸跡


20180924-5.jpg
崩れ、苔むした石垣が往時を忍ばせます。


『 番所跡 』からの散策はそれほど厳しいルートではなく

この整地にいかほどの苦労があったのだろうか・・・

気が遠くなりますね(・・:


20180924-6.jpg
長政さんが最後を迎えたとされる屋敷跡


小谷城攻めに結構時間がかかったので

後は巻きで巡る。


20180924-7.jpg
姉川古戦場
20180924-8.jpg
長浜城



長浜城も地震で倒壊してしまい

今は残っていないんですね~

右手に見える石碑に本末跡とあります。

奥に見えるお城は昭和に建てられた資料館デス。


20180924-10.jpg


最後に浅井家のお墓参りで終了。


先月に行った安土城跡もそうですが

今は何もないからこそ当時を妄想偲ぶことができ

充実感ハンパないっすね!


さて、次はどこに行こうか・・・










ポチッとブログランキング↓
FC2 Blog Ranking
雑貨デリPLUS
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 店長・マネージャー日記へ
スポンサーサイト

Posted on 20:17 [edit]

category: 軽く歴女

tb: 0   cm: 0

筋肉痛・・・  


暑い日が続きますねぇ~


そんな猛暑日の最中

連休最終日の昨日は

安土城跡まで行って参りました!

言わずと知れた

織田信長さんのお城デス。


20180716-1.jpg
この山のてっぺんにあるハズ


ほんの数十メートルほど歩いただけで

クソ 暑い!!

大手道を少し登ったところにある

摠見寺仮本堂へ立ち寄り。


20180716-2.jpg
織田家家紋の入った欄間
20180716-3.jpg
お茶室



コチラでご本尊に手を合わせた後お抹茶をいただき

暑いながらもホッこり一息♪

城攻めへの探究心がくじけそうになる。

暑すぎて外に出たくなぁ~いっ!


だが、そうは言ってられない。

気合を入れて外に出てみると

目に入ったのがコレ。

20180716-4.jpg
家康さん家跡だった模様


あ~そんなコトTVで言ってたような・・・(゚ー゚;A

確かに仁王門と三重塔が見当たらない。

だから仮なのか・・・


気を取り直して

なだらかながらも終わりの見えない石段を

カラダじゅうから汗を噴出しながら登る。


20180716-5.jpg


登る。

登る。


途中で摠見寺本堂跡に向かう道が現れたが

向かう気力がなく天主跡を目指す。

続いて

信長さんの本廟へ向かう分かれ道に到着。

コチラは押さえておきたい。

何より日陰なので向かう(* ̄ー ̄)


20180716-6.jpg
信長さんの遺品が埋葬されているそうです。


手を合わせ、しばし休息。

このあたりで昔痛めた膝に違和感を感じ始める・・・

日陰と水分補給でほんの少し体力が回復。

天主跡に向かう。


20180716-7.jpg
礎石発見!!意外と狭い?


説明文によるとココは地下1階部分で

天主台自体はこの約2.5倍ほどあったそうです。

階段を登り、看板の裏手に行くと・・・


20180716-8.jpg
すばらしい眺望!


疲れも吹っ飛びます♪

暑さは吹っ飛びませんが・・・ORZ


天主完成後3年で燃えてしまったお城。

信長さんはこの天主に住んでいたそうですが

この後に行った信長の館で見た天主は

豪華すぎて寝るにはちょっと・・・(・・;)


当時、村人たちにも有料でお城見学させてあげたり

ライトアップしたりして楽しませてたんだよなぁ~

なんて思いを馳せつつ

充分休息をとったので下山♪

帰り道ではちょっと元気になっていたので

摠見寺本堂跡に行ってみる。


20180716-9.jpg
20180716-10.jpg



残念ながら三重塔は改修工事中で

全体が覆われて影だけ。

1571年に移築されたとされる仁王門は立派!!

さすが重要文化財です!

心地よい風が吹いて清らかな気持ちに♪


・・・なったのは束の間

元の道に戻るまでが登りなのもあり超苦痛。

数段登っては休憩、数段登っては休憩を繰り返し

なんとか元の大手通の下りに戻り

フラフラになりながらも安土城攻め終了!( ̄- ̄)ゞ


膝の痛みがひどくなる事はなく安心していたのですが

今日になってふくらはぎが筋肉痛デス(ノд・。)









ポチッとブログランキング↓
FC2 Blog Ranking
雑貨デリPLUS
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 店長・マネージャー日記へ

Posted on 02:43 [edit]

category: 軽く歴女

tb: 0   cm: 0

最古の神社 その2  


パタパタしてて遅くなりました

最古の神社 その2 デス(´・ω・)∩


と、言っても

最古の神社って行ってから分かったコトなんですけどね。。。


20180603-6.jpg
大和神社


こちら、大和神社 と書いて 

『 おおやまとじんじゃ 』

と読みます。

『 おお 』 はドコに???ヽ(・д・`ヽ三ノ´・д・)ノ


御祭神に『 日本大国魂大神 (やまとおおくにたまのおおかみ) 』

がいらっしゃるのが関係してそうですね。


参道も広く、清清しい雰囲気の神社です。

拝殿から伺える本殿があまりにもココロに響いたので

思わず撮影。

普段はこんなことしないんですが・・・(;・∀・)

20180603-7.jpg
御祭神:日本大国魂大神(中央)・八千戈大神(向右)・御年大神(向左)


そもそも!

コチラを尋ねたのは

戦艦大和と関連がある神社!との理由から。


大戦中日本が誇った戦艦大和。

奈良時代、遣唐使派遣の際には

この大和神社に必ず航海安全祈願に参詣されていたという縁から

大和にはこの大和神社の御分霊が祀られ、守護神とされていました。

戦中は大和の艦長さんや乗組員さんたちも参拝されてたそうです。

大和と運命を共にした乗組員と護衛艦の方々は

この大和神社に祀られています。


20180603-8.jpg



そして、

たかおおかみ神社

20180603-14.jpg
摂社:高龗神社


おおかみの漢字は雨冠ぽいヤツに下には龍。

雨乞いや農耕の神様?と思ったら

イヤ、そうなんですけど、

『 商売繁盛 』の文字が!!

参拝せねば!!!!


コチラがまた何と言うか、

畏れ多く感じる神社。

足元には禁足地なのか?と思ってしまう玉砂利。

お賽銭箱がその中にあるので

恐る恐る足を踏み入れながらもしっかり祈願・・・(*・人・*)

なんだかすこぶるご利益ありそうな気配デス。



同じく最古の神社伊勢神宮。

小学校の修学旅行で行ったきり。

コチラもも一度行きたいな・・・


また、最古の神社を見つけたら続けます( ̄^ ̄ゞ













ポチッとブログランキング↓
FC2 Blog Ranking
雑貨デリPLUS
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 店長・マネージャー日記へ

Posted on 23:47 [edit]

category: 軽く歴女

tb: 0   cm: 0

最古の神社 その1  


元々は土曜日に行く予定にしていたのですが

木曜日から急な発熱!

夜には39度近くまで・・・(;-д- )

なぜか、行き先との関係が気になり

属性が合わないんだろうか?

なんて思いがふっと過ぎる。

( 後で調べたら、やっぱり合ってなかった ORZ )

ソレでもずっと行きたいと思っていたトコロ。

この機会を逃すと一生行くことがなさそうな気がする!

なので

気合で熱を下げ、一日療養。

日曜日に出発することができました!


行き先は・・・

20180603-2.jpg
石上神宮


こちらは知っている人は知っている。

神話に出てくる「 布都御魂剣 」が御神体として祭られている

日本最古の神社の一つです。


20180603-1.jpg


鳥居をくぐると神域らしい雰囲気が漂っているような・・・

なんて、ソレっぽいコトを考えていたら


 「 コケコッコーーーーーッ! 」


アチラコチラに鶏がΣ(°Д°;

神様の遣いとして飼われているようです。

結構な数いましたよ~

20180603-5.jpg
かっこいい鶏
20180603-4.jpg
鶏と牛の像


そして拝殿へ


20180603-3.jpg


この奥に本殿があるのですが

昔は主祭神が埋斎されていると伝えられていた

神聖な地域「 御本地 」(禁足地)があり

明治時代に発掘したところ

本当に御神体が現れ改めて本殿を造営したとのコト。

「 伝承は真実だった 」

浪漫がありますねぇ~(´∀`*)


20180603-13.jpg


特別なご朱印には

宝物の「 七支刀 」が表されています。


その2 はまた次回\(o ̄∇ ̄o)/









ポチッとブログランキング↓
FC2 Blog Ranking
雑貨デリPLUS
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 店長・マネージャー日記へ

Posted on 18:42 [edit]

category: 軽く歴女

tb: 0   cm: 0

読めるかな?  

20180307-1.jpg

こちらは大阪の西区にある「 サムハラ神社 」のご朱印です。


「 サムハラ 」とはご祭神である 天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神 の三神の総称で

表されている文字は漢字ではなく「 神字 」とのコト。

見てるだけでもご利益がありそう(*゚ー゚*)


20180307-2.jpg


この三神は無傷無病、延命長寿の神として知られ

「 サムハラ 」の神字も身を守ってくださるありがたい文字だといわれています。

古くはあの 加藤清正公が「 サムハラ 」の神字を彫りこんだ刀を身につけ難を逃れた、とか

建立された方もこの「 サムハラ大神 」を信仰していたことにより幾度も戦場でも危機を免れたそう。

ワタクシもロクに英語も話せないのに海外と取引なんて無謀なコトをしているので

困難は避けて通ってくれるようしっかりお参り。


20180307-3.jpg


元々は岡山県にあった古く小さな祠を

個人の方が戦後にそちらを奥の院として、

そして大阪にも神社を建立されたそうです。


20180307-4.jpg


コチラの神社には身を守ってくださる指輪タイプのお守りがあるそうなんですが

とても評判もよくすぐに売切れてしまうそう。

昨日もありませんでした・・・(ノд-。)


でも、ちゃんと参拝できたし

ご朱印もいただけたので充分心強いですよ(`・ω・´)


帰りにはチミ香に送金手配も完了♪

トラブルなく入荷するのを待つばかりです。







ポチッとブログランキング↓
FC2 Blog Ranking
雑貨デリPLUS
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 店長・マネージャー日記へ

Posted on 14:45 [edit]

category: 軽く歴女

tb: 0   cm: 0

プロフィール

ブログランキング参加ちぅ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

カウンター

RSSリンクの表示

アクセスランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード